グループサイト

日本文化遺産を守る会

日本文化遺産を守る会について

古き良き日本の文化遺産を後世に継承したい 日本文化遺産を守る会

日本の古からの心が今も残る、和・和洋折衷・木造建築物。
世界に誇れる「日本の文化遺産」としての価値を守り、後世に継承していきます。

私たちが暮らしている日本には、「和の伝統ある木造建築物」や「歴史的価値が高く日本独特の和洋折衷または洋風建築物」などの歴史的建造物、「後世に引き継ぐべき日本の歴史的遺産・文化的遺産」が全国各地に数多く存在しています。
旅館やホテル業を営む者の中にも、これらの歴史的建造物や文化的遺産を所有または素材の一つとして維持保全しながら営業されている施設も少なくありません。

明治30年に古社寺保存法(現在は廃止)や、昭和25年の文化財保護法の施行により貴重な建築群の保存修理は、文化財の保護事業の重要な施策として実施されてきました。
しかし、維持管理が困難なことや利便性に欠けるといった非経済性の理由から、あるいは地域活性化や振興開発という名目で建築物が取り壊されるなど、有形無形を問わずこれら広義の文化遺産が消滅していく運命にさらされてきた歴史があります。

平成8年10月1日に施行された「文化財保護法の一部を改正する法律」によって、保存及び活用についての措置が必要とされる文化財的建造物を、文部科学大臣が文化財登録原簿に登録する「文化財登録制度」が導入されました。
令和4年3月現在、国の登録有形文化財は13000件を超える建造物が登録されました。私たちが生業とする旅館・ホテルを営む施設も、この中では130軒余が有形文化財として登録されております。これらの建造物は代々受け継がれてきた施設が多く、全国各地によって異なる気候風土に育まれた地域文化、建築文化としても貴重な存在でありながら、一般国民が日常生活を繰り返す周辺においては何も気にかけることなく看過しているように思われます。
今日これらの宿泊施設が同じような環境下にありながら横のつながりを持ち、文化財を後世に残していくという全国的な組織はできていません。

私たちは個々が抱えている維持管理や保全に取り組む苦労、営業に役立てる活用の仕方等の情報を交換・共有しながら保護保全の必要性を訴え、単に文化遺産にかかわらず価値観の大切さを啓発啓蒙しながら、関係省庁や地域の行政機関への働きかけなど、一軒では困難な事柄に共生の連帯感をもって取り組むためにも組織づくりの重要性を痛感してきたところです。

そこで、

  • 仲間として心を通わせ、共生の理念を育み、「失ってはならない日本の文化遺産」を守り、後世へ継承していこうとする意志を貫ける資質をもった者。
  • 登録されている文化遺産を生かした魅力ある旅の企画を創造性豊に立案し、遺産価値を高め広く世界に発信していく事業に一緒に取り組もうとする者。
  • 会員が交流を深め情報を交換・共有しながら日本の文化遺産を保全できるよう力を合わせ、旅行業界を牽引できる人材を育成していける仲間づくりを進めようとする者。

という、これらの要素を具備した施設と人材による組織化を今がその機運の時期と考え、「一般社団法人日本文化遺産を守る会」の創立を決意しました。

私たちは、「日本文化遺産」を継承する活動や国内外への情報発信、文化的・創造的な旅の造成に取り組み、日本の新たな観光産業を目指してまいります。

令和4年5月吉日
一般社団法人日本文化遺産を守る会 会員一同